不労所得とはどんなものか?

不労所得とはどんなものか?

不労所得という言葉は皆さん聞いたことがあるかと思います。何もしなくて稼げるなんて何て素晴らしい!

と憧れている人も多いのではないでしょうか。

でも、不労所得って何?と明確な定義を問われると「?」となってしまう人も多いのではないでしょうか?

ここでは不労所得とはどういうものなのか、あらためて確認してみましょう。

SONIC公式HP

不労所得とはいったい何?

不労所得とは、文字のとおり「不労」で得られる所得、もっと言うと自分自身で働くことなく得られる収入のことです。

どんなものがそれに当たるかというと、利子・配当金・家賃・地代などがそれになります。

ただし上記のものは確実性に欠ける場合もあります。

どういうことかというと、株の配当金や家賃収入などは安定しにくかったりします。

株はどれを買ったらいいか?等でギャンブル性があるのは分かるけど、家賃収入もなの?と最初は思いました。

でも実は家賃収入も、どの物件を買えば安定した入居が期待できるかなどを見極めたり情報収集をする必要があるし、安定もしていないとか。

実際、大学の近くだから安定して学生の入居が見込めると思って建てたマンションが、大学そのものの移転により入居者が激減して成り立たなくなった例もあるとか…

働いた分が給料になるのと違って、株や物件は持っているからといって確実に収入になるとは限らないというリスクがあるんですね。

代表的な不労所得は

さて、それでは代表的な不労所得にはどんなものがあるか見ていきましょう。

株式投資

代表的な不労所得といえるのが投資です。

中でも株式投資は未経験者でも比較的手軽に始められるというメリットがあるものの、上でも説明した通り必ずしも収入につながるとは限りません。

株価は上昇することもあれば下降することもあります。

また売却できるまでに時間を要することもあります。

常に株価の動きを監視し、日々勉強も必要になるのが株式投資です。

不動産投資

不動産投資には、まず土地や建物を手に入れる必要があります。手に入れたら終わりではありません。

入居者や建物の管理もしなければならず、それを管理会社に委託してもお金がかかります。

かかる初期費用などを考えた場合、親がもともと土地と建物を持っているなどの場合に限定されることが多いかもしれませんね。

印税収入

本の出版や音楽のリリースなど、著作権の対価として得られる収入。

言うまでもなく、売れなければ話になりません(笑)。

広告収入

ブログやYouTubeチャンネルに集客して広告で稼ぐ、いわゆるアフィリエイトと呼ばれるもの。

これももちろん、有名・人気にならないと話になりません。

どれもSONICと比べると、ハードルが高いものばかりのようですね。

SONIC公式HP TOPページを見る