サッカーユニフォームを洗濯する際に気を付けるべきこととは

洗濯物

サッカーユニフォームを通常の洋服と同じように洗濯してしまっているという方は多いですが、実はサッカーユニフォームは普通のTシャツなどと比べると劣化や色あせや起こりやすいため、注意が必要です。せっかく購入したお気に入りのユニフォームを長く使うためには、洗濯する際のコツを踏まえて、正しい方法でお手入れをするように心がけましょう。

まず、サッカーユニフォームを洗濯する際に使用する洗剤は、中性洗剤を用いるのが基本で、洗剤の中に漂白剤や蛍光剤が含まれているとプリントが色落ちする原因にもなってしまうので、入っていないものを選ぶべきです。そして、サッカーをすると汗や砂汚れが付着している場合が多いので、洗濯を始める前に少しぬるま湯につけておくとより効率よく汚れを落とすことが可能になります。泥汚れはがんこで中性洗剤のみでは落ちない場合もあるので、専用の石鹸をして部分洗いすると効果的です。

そして、洗う際にはできる限りユニフォームの表面のプリントにダメージを与えないように、裏返してから洗うことをお勧めします。事前にぬるま湯に着けおきをするので、実際の洗濯時間は短めで大丈夫で、可能であれば他の普段着とは別々に洗濯する方が色移りなどのリスクを避けることが可能です。必ずサッカーユニフォームを小さ目のネットに入れて、洗濯機の回転によって他の衣類と絡まったりユニフォームが伸びてしまったりすることを防ぎましょう。

洗った後の乾燥には乾燥機を使用するのは好ましくなく、物によっては乾燥機にかけるとサイズが小さくなってしまったり、ユニフォームの生地がダメージを負ってしまったりすることがあるので基本的には使用を避けるべきです。また、他の衣類と一緒に直射日光で乾かそうとするのもあまり好ましくなく、直射日光の刺激により色あせしてしまう可能性があります。この服の素材は水はけがよく、速乾性であることが多いので、室内干しや陰干しで十分に乾燥させることは可能ですので、裏返しのまま直射日光の当たらない場所に干すようにしましょう。このように、サッカーユニフォームは以外とデリケートな洋服であるため、洗濯する場合にはいくつか気を付けないポイントがあります。せっかく購入した大事なアイテムを不注意で使用できないようにしてしまわないように、これらのポイントをしっかり理解した上で、普段から丁寧な洗濯や乾燥、お手入れを心がけることをお勧めします。